福岡市の魅力

データに見る、福岡の実力、能力、成長力。 ACTIVE & ATTRACTIVE, FUKUOKA

日本とアジアをリンクするゲートウェイ都市・福岡 福岡市が発展してきた背景にはコンパクトにまとまった空港、港湾、JR・新幹線、高速道路網などの交通機能があります。アジアを中心とした海外22都市とフライト定期航路で結ばれ、西日本地域とアジア太平洋地域のゲートウェイとして機能し、九州・山口の経済活動や交流活動を支える重要な役割を果たしています。福岡市は数千年の歴史を物語る史跡や文化財を残しつつ、その一方で新しいものを積極的に取り入れ、活気ある都市として発展を続けています。

国家戦略特区指定で、今後幅広い経済波及効果に期待! 福岡市が発展してきた背景にはコンパクトにまとまった空港、港湾、JR・新幹線、高速道路網などの交通機能があります。アジアを中心とした海外22都市とフライト定期航路で結ばれ、西日本地域とアジア太平洋地域のゲートウェイとして機能し、九州・山口の経済活動や交流活動を支える重要な役割を果たしています。福岡市は数千年の歴史を物語る史跡や文化財を残しつつ、その一方で新しいものを積極的に取り入れ、活気ある都市として発展を続けています。

世界で最も住みよい都市ランキング第7位:英国のグローバル情報誌「MONOCLE(モノクル)」が、世界中の都市から選んだ「住みよい都市ランキング」を発表。2016年、世界でいちばん住みよい街に選ばれたのは、東京(2015年も1位)です。日本では福岡が第7位、京都が第9位に選ばれました。日本の都市の中では東京についで2番目である福岡の「住みよさ」が世界に認知されていることがわかる実績といえるでしょう。 単独世帯が多い福岡では、住宅の需要も増加傾向:福岡市では小規模世帯が増えており、平成22年度の国勢調査では1世帯あたりの家族数は2.35人と、シングルやディンクスの増加が目立っています。単独世帯が多い理由として、大学や専門学校などが集中していること、九州の中心都市として大企業の支店が集まっていること、飲食業・小売業などのサービス業が盛んなことなどが挙げられます。そのため、福岡市近郊での小規模世帯用の住宅の需要は高まっています。福岡市ではさらなる人口の増加が推測され、今後も住宅の需要はさらに高まると予想できます。

福岡市は今後20年人口増が見込まれる日本唯一の都市 総務省によると日本の総人口(外国人含む)は2012年と2013年、2年連続して大きく減少。福岡市の人口は2013年5月150万人に到達し、年1万人ペースで増加。全国主要都市の将来人口増加率は、軒並み減少傾向に転じ、東京においても2020年頃までは増加し、その後減少に転じると予想されていますが、福岡市は2035年頃まで人口増と推測され、これは、今後、福岡の都市機能や経済が期待されているためで、資産運用先として注目を集めています。

グランフォーレラグゼ博多駅南

pagetop